携帯電話会社社員の仕事内容は? どんなときにやりがいを感じる?

携帯電話会社社員の仕事内容は? どんなときにやりがいを感じる?

みなさんは「携帯電話会社社員」がどのような仕事をしているのかを知っていますか? 未経験の人でもなんとなく想像できる仕事ではありますが、就職を考えるのであれば具体的な仕事内容は事前に知っておきたいものです。今回は、携帯電話会社社員の仕事内容や、仕事をする中でやりがいを感じることができる瞬間について紹介していきます。携帯電話会社社員を目指している人は、ぜひ参考にしてみてください。

みなさんは「携帯電話会社社員」がどのような仕事をしているのかを知っていますか? 未経験の人でもなんとなく想像できる仕事ではありますが、就職を考えるのであれば具体的な仕事内容は事前に知っておきたいものです。今回は、携帯電話会社社員の仕事内容や、仕事をする中でやりがいを感じることができる瞬間について紹介していきます。携帯電話会社社員を目指している人は、ぜひ参考にしてみてください。

携帯電話会社社員とはどんな仕事?

主な仕事は携帯電話の販売とサービス提供

携帯電話会社社員の主な仕事は、携帯電話の販売とサービスの提供だといわれています。携帯電話は次々と新しい機種が開発され、より高性能で機能が充実している商品が販売されます。画面の解像度や操作性、本体のスペックなどを向上させることで、私たちの生活や社会の発展につながっているといえるでしょう。

さらに、利用者を増やすためにさまざまなサービスの提供を行うことで、私たちは電話・メール・インターネットなどを使った便利なサービスを利用することができています。最近ではどんな会社でもITを活用したサービスを行っているため、利用するキャリア(携帯電話会社)ではより良いものを提供するために、新しいサービスの企画を考案しているそうです。

携帯電話の製造とは仕事内容が異なる

携帯電話会社社員を目指している人のなかには、仕事内容が製造だと勘違いしている人が多いようです。しかし、携帯電話の製造とは仕事内容が全く異なるので、就職で携帯電話会社社員を目指している人は、仕事内容の違いをしっかりと把握しておきましょう。

ちなみに、携帯電話会社は運び屋を意味する「キャリア」と呼ばれています。キャリアは「au」「softbank」「docomo」などが有名で、それぞれが自社の製品を販売することが主な仕事です。

メイン業務は店舗での接客対応

携帯電話会社社員のメイン業務は、配属された店舗での接客対応となるようです。来店したお客さんの要望を伺い、新規契約・契約変更・機種変更といった各種手続き、利用料金の支払い対応など、さまざまな接客が携帯電話会社社員のメイン業務となっているようです。

確かに、自分が利用しているキャリアの店舗に行くと、店員さんがこれらの対応を行っている光景をよく目にしますよね? そのため、未経験者でも仕事内容をイメージしやすく、接客業が好きな人であれば経験してみたいと思える職業だといえるでしょう。

接客業務と一言でいっても、各種手続きや支払い対応以外にもさまざまなものがあります。例えば、何かしらの不満を抱いたお客様へのクレーム対応、携帯電話の使い方の説明などがあります。

他にも、接客対応には店舗だけでなくコールセンターでの電話対応といった仕事もあります。正社員はもちろんですが、アルバイトや派遣社員の人でもできる業務なので、誰でもチャレンジできる職業だといえるでしょう。

総合職なので接客以外の仕事も存在する

携帯電話会社の仕事は総合職といわれているため、就職後に配属されるところによっては技術系の仕事を担当することになります。この場合はエンジニアとして仕事を行うため、システムや技術開発などを担当するため、紹介したメイン業務とは異なります。

しかし、携帯電話会社社員として技術系の業務を希望する場合は、キャリア採用となるため携帯業界での職務経験やビジネススキルが求められます。そのため、一般的に多い接客業務のように未経験者でもチャレンジできる仕事ではないようです。

携帯電話会社社員の仕事の具体的な内容

お客さんへの製品販売や料金の支払い対応

接客業の具体的な仕事内容は、お客さんが求める製品の販売を行ったり、利用料金の支払い対応を行ったりとさまざまです。製品を販売する場合はどういった携帯電話なのかを説明する必要がありますし、複数の購入候補があればそれぞれの違いの説明も必要になります。

そのため、販売する商品の情報はしっかりと把握しておく必要があるでしょう。また、何らかのキャンペーンを行っている場合はお客さんに説明しつつ、オプションの加入や商品の購入を提案することも仕事の一つです。

しかし、過度な紹介は無理やり誘導していると思われかねないので、お客さんの対応を伺いながら接客を行う必要があるでしょう。そのため、接客業を担当する場合は高いコミュニケーション能力が求められるといわれています。

ときにはクレームに対応することもある

接客業務では商品の販売やキャンペーンの紹介だけでなく、ときにはクレームに対応することもあります。変更したはずの契約内容が変わっていない、正しい案内を行っていなかった、店員の態度が悪いなど、その内容はさまざまです。

しかし、携帯電話会社社員もお客さんも同じ人間なので、ミスをすることもありますし、会話のなかでの受け取り方は様々です。そのため、クレームを受けたからといって落ち込む必要はありませんが、お客さんが感じた不満はしっかりと受け止めなければなりません。

適切な対応を行わなければクレーム対応に時間がかかりますし、長ければ1週間以上も置客さんとのやり取りを行うこともあるようです。接客業務にクレームはつきものですが、もしも自分が担当することになった場合はきちんと対応することが大切です。

製品や機能の使い方を教える

高齢者のお客さんに多い傾向がありますが、製品の使い方や機能がわからないといった相談を受けることもあります。高齢者は説明書を読んでもよくわからない、コールセンターに問い合わせても全くわからないというケースが多く、実際に操作方法を教わりたくて来店されるようです。

特に、最近ではスマートフォンが主流となっているため、ひと昔前のフューチャーフォン(ガラケー)に比べて操作性や機能性が難しくなっています。そのため、このような場合はスマートフォンを知らない人でも使用できるようなわかりやすい説明が必要になるでしょう。

技術系の業務ならシステムや技術開発を行う

携帯電話会社社員として技術系の業務を担当する場合は、システムや技術開発が主な仕事になります。そのため、技術系の業務では製品の製造に関わるエンジニア業となるため、一般的な携帯電話会社社員の仕事内容とは異なります。

また、技術系の仕事はキャリア採用でなければ携帯電話会社社員になることができず、キャリア採用での採用試験を受けなければなりません。そのため、携帯業界でエンジニアを目指している人は、ぜひ技術系の業務を検討してみてはいかがでしょうか?

携帯電話会社社員の仕事のやりがい

若い世代でもしっかりと活躍できる

携帯電話会社社員として働く人の多くは、若い世代が多い傾向にあります。この職種は年功序列制ではなく実力主義といった考え方を取り入れる会社が多いので、やる気のある若者であればしっかりと活躍できる仕事です。

そのため、年齢に関係なく実績を残すことができれば給与アップや昇格が期待できるので、やりがいを感じられるという意見が多かったです。接客業務なら学歴や資格が必要ないので、若い世代でやりがいのある仕事がしたいという人は、ぜひ携帯電話会社社員を検討してみてはいかがでしょうか?

目標を達成できたとき

携帯電話会社ではさまざまな地域で店舗を設けていて、それぞれの店舗で目標をもって仕事に取り組んでいます。契約件数やキャンペーンの加入など、その月の目標を達成することができれば喜びを感じられ、今後のやる気にもつながるといわれています。

お客さんからの「ありがとう」の言葉

携帯電話会社社員のなかには商品の使い方をお客さんに教えることがありますが、対応するお客さんによっては言い方を考えながら説明を行ったり、時間がかかったりすることもあります。しかし、対応後にお客さんから「ありがとう」の言葉をもらうと、役に立てて良かったと嬉しい気持ちになれるそうです。

携帯電話会社社員の仕事内容まとめ

総合職となる職種だがメイン業務は接客対応となる場合が多い

携帯電話会社社員の仕事は総合職ですが、主な仕事は接客業務であることがわかりました。商品の販売をはじめとするさまざまな接客対応を行い、お客さんに満足してもらうことが大切な仕事です。ときにはクレームを受けることもあり大変ではありますが、いくつものやりがいを感じられる職業なので、接客が好きな人はぜひ目指してみてはいかがでしょうか?

携帯電話会社社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

携帯電話会社社員の参考情報

平均年収
必要資格 必要資格なし
資格区分
職種

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

携帯電話会社社員の関連記事

関連記事が見つかりませんでした。