照明スタッフの仕事内容は?どんなときにやりがいを感じる?

照明スタッフの仕事内容は?どんなときにやりがいを感じる?

みなさんは「照明スタッフ」がどのような仕事をしているのかを知っていますか?出演者にライトスポットを当てるというのは誰でも知っていると思いますが、詳しい仕事内容までを知っている方は少ないでしょう。そこで、今回は照明スタッフの仕事内容や、仕事をする中でやりがいを感じることができる瞬間についてご紹介していきます。

みなさんは「照明スタッフ」がどのような仕事をしているのかを知っていますか?出演者にライトスポットを当てるというのは誰でも知っていると思いますが、詳しい仕事内容までを知っている方は少ないでしょう。そこで、今回は照明スタッフの仕事内容や、仕事をする中でやりがいを感じることができる瞬間についてご紹介していきます。

照明スタッフとはどんな仕事?

主な仕事は照明を使って会場の雰囲気づくりをすること

照明スタッフの主な仕事は、照明を使うことで会場の雰囲気づくりを行うことです。照明スタッフはテレビ番組やコンサート会場、演劇の舞台などのさまざまな場所で活躍していて、光を自由に操ることで出演者を引き立たせる重要な仕事。

光の色によって喜怒哀楽を表現したり、ピンポイントでライティングすることで観客の視線を一点に集めたりなど、見ている人の感情や会場の雰囲気などに大きく関わる仕事なので、専門的な知識やスキルが求められます。

しかし、照明スタッフはアルバイトや契約社員であれば未経験でもできる仕事なので、学生時代から現場での実務経験を積んだり見習いとして働いたりすることで、正社員へと昇格する方もいるそうです。

照明スタッフは1人ではなく数名のスタッフで構成されている

照明スタッフの仕事は1人ではなく、「プランナー」「オペレーター」といった数名のスタッフで構成されていて、それぞれで役割を分担しています。プランナーとは、どのような場所でどういった照明を当てるのかといった計画を立てるプランニングを担当します。

また、照明機材にはさまざまな種類があるので、どの機材を使うのかをスタッフと打ち合わせをして決定していきます。オペレーターは照明を当てることで雰囲気づくりや演出を担当します。

リハーサルなどで打ち合わせ通りのライティングを行い、改善点があればスタッフ同士で打ち合わせ行ってより良い演出を行うことも大切な仕事です。また、舞台や映画などでは監督のイメージに合わせる必要もあるので、最高の演出を行うためにも入念な打ち合わせが必要になるでしょう。

所属する会社によって働く場所が異なる

照明スタッフの職場は、所属する会社によって働く場所が異なります。テレビ局であれば局内のスタジオや番組・ドラマのロケ地などが職場になりますし、その他にも劇場や映画会社、結婚式場や照明専門のプロダクションなどもあります。

ちなみに、照明専門のプロダクションの場合はさまざまなところから仕事の依頼を受けるため、演劇の舞台やコンサート会場など働く場所が固定されていないようです。そのため、いろいろな照明の仕事を経験することができるでしょう。

照明スタッフの仕事はライティングだけでなく、センスや技能向上のためにあらゆるものを参考に学ぶことも大切な仕事です。ですので、さまざまな場所で照明スタッフの仕事を担当できれば、働きながら必要なものを身に付けることができるかもしれませんね。

照明スタッフの仕事の具体的な内容

テレビ番組の制作・撮影現場

テレビ局の照明スタッフは、テレビ番組の制作や撮影現場などでライティングを担当します。特に、テレビ局内のスタジオは外からの光が全く入らいないようになっているため、番組制作や撮影に照明は欠かせないものとなります。

また、テレビ局の照明スタッフは制作・撮影する番組によって演出の方法や種類が異なります。そのため、番組制作を行うディレクターと入念や打ち合わせを行い、使用するライトや演出方法などを決めていくそうです。

他にも、テレビで視聴したときと肉眼で見た照明の色合いは異なるので、撮影に使用する照明の色にも注意が必要です。

コンサート・ライブ会場

コンサートやライブ会場の照明スタッフは、出演するアーティストはもちろんのこと、音楽を引き立たせて会場を盛り上げなければなりません。上記でもご紹介したように照明機材にはさまざまな種類があるため、どのような照明を使って演出するのかが重要なポイントになります。

また、音楽にも落ち着いた雰囲気の曲や盛り上がるような曲といったジャンルがあるため、曲調に合わせたライティングも必要です。照明の効果によって会場の雰囲気はガラリと変化するので、ディレクターはもちろん照明スタッフを担当するチームでの打ち合わせも重要になるでしょう。

演劇の舞台

演劇の舞台の照明スタッフは、舞台監督のイメージに合わせることはもちろんですが、照明の色やスポットの当て方によって感情や情景の演出を行います。例えば、楽しい雰囲気を伝えるシーンであれば明るい色の照明を、悲しい雰囲気を伝えるシーンであれば少し薄暗い色の照明を使用することで感情や情景を表現することができます。

また、テレビ番組ではミスをしても撮影のやり直しが可能ですが、演劇の場合はやり直しができないので当然ミスをすることはできません。照明がミスをすると演劇や会場の雰囲気が崩れてしまうので、打ち合わせやリハーサルをしっかりと行って本番に備えることが重要になるでしょう。

結婚式の会場

結婚式の会場の照明スタッフは、新郎新婦の入場やケーキ入刀、両親への手紙を読み上げるシーンなど、打ち合わせに沿ってライティングを行います。また、結婚式の会場で働く照明スタッフは結婚式のビデオ撮影や編集を担当することもあり、クリエイティブな業務が多いといわれています。

また、結婚式の会場の照明スタッフはアルバイトで募集されることもあり、未経験者の研修も行います。アルバイトで参加した場合はアシスタント業務が多いと思うので、周りの指示に従いながら業務を行うことになるでしょう。

照明スタッフの仕事のやりがい

監督がイメージする演出を実現できた

映画やドラマの照明スタッフを行っている方の多くは、監督がイメージする演出を証明で実現できたときにやりがいを感じるという意見が多かったです。監督によっては難しい演出を指示することもあるそうで、照明でイメージ通りの演出を行うのはとても難しいといわれています。

しかし、多くの照明スタッフは素晴らしい作品に仕上げたいという思いを持っていますし、できるだけ監督のイメージに沿った演出をしたいと考えているそうです。そのため、監督が満足できる演出を実現することができたときは喜びを感じられるそうです。

会場全体が盛り上がっている

コンサートやライブ会場では音楽だけでなく、照明による演出も盛り上がりに重要なポイントになります。そのため、来場したお客さんを満足させられるように、入念な打ち合わせやリハーサルを行い、本番に備えています。

そして、実際にコンサートやライブが開始され、終始会場が盛り上がっている光景を見たときには、照明スタッフとしてやりがいを感じられるという意見もありました。特に、会場が屋内の場合は外からの光が入らず照明は会場の雰囲気づくりにとても重要なものとなるため、大成功を収めることができれば喜びを感じることもできるでしょう。

イメージ通りの演出ができたとき

照明による演出は監督やディレクターとの打ち合わせだけでなく、数人で構成された照明スタッフの間でも意見を出し合いながら打ち合わせを行います。ちなみに、照明に関する主な打ち合わせは照明スタッフ同士で行われるため、監督やディレクターの意見を取り入れつつ、自分たちのイメージも盛り込むことで演出を決めていくそうです。

そのため、仲間と一緒に作り上げたイメージを実際に演出することができたときは、大きなやりがいを感じられという意見も数多く挙がっていました。

照明スタッフの仕事内容まとめ

光を操ることで最高の演出を担当するのが照明スタッフの仕事

照明スタッフの仕事は、さまざまな照明機材を使って光を操り、舞台やコンサート会場などで最高の演出を担当することです。会場の雰囲気や演出は出演者や音響などだけでなく、照明も会場づくりには欠かせないものです。

そんな照明スタッフの仕事にはさまざまなやりがいがあり、楽しく続けられる仕事だといえるでしょう。照明スタッフはアルバイトや契約社員などであれば未経験者でもなれる職業なので、興味のある方は一度経験してみてはいかがでしょうか?

照明スタッフへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

照明スタッフの参考情報

平均年収
必要資格 必要資格なし
資格区分
職種

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

照明スタッフの関連記事

関連記事が見つかりませんでした。