食品メーカー社員になるには何が必要?向いている人の特徴やなるための学校

食品メーカー社員になるには何が必要?向いている人の特徴やなるための学校

食品の製造から販売までを行っている「食品メーカー社員」。そんな食品メーカー社員になるためには、いったいどのようなことが必要なのでしょうか?今回は、食品メーカー社員になるために必要なことをはじめ、向いている人の特徴やノウハウを学べる専門の学校についてご紹介していきます。

食品メーカー社員にはどんなことが必要

採用試験を受けるには大卒以上の学歴が必要

食品メーカー社員になるために必要なことを調べてみたところ、まずは各企業が行う採用試験を受けて合格しなければならないことがわかりました。そして、採用試験を受けるには「大卒以上」の学歴が求められるため、最終学歴が高卒や専門学校卒業では食品メーカー社員になるのは難しいといえるでしょう。

ちなみに、企業によっては学歴を問わないところもあるそうですが、大手食品メーカーの多くは大卒以上を求めるところが多い傾向があります。そのため、就職を希望する先が大手企業であれば大学へと進学することをおすすめします。

また、採用試験は「総合職事務系」「技術系」の2種類の職種に分けて行われていますが、技術系の場合は理工系の学科を出ている方を優先して採用している傾向があります。そのため、食品メーカー社員として技術系に就職したいという方は、理工系の学科を設けた大学への進学をおすすめします。

総合職事務系を目指す場合は特に求められる学科はないので、一般的な学科や自分の進みたい学科を設けた大学へと進学してみてはいかがでしょうか?

高学歴を持っているからといって採用されるとは限らない

大手企業の採用試験を受ける方の多くは、一流大学を出ている高学歴を持った方が多いといわれています。また、受験者が非常に多い場合は学歴によって採用を決めることもあるので、高い学歴を持っている方が就職には有利だといえるでしょう。

しかし、高学歴を持っているからといって必ずしも採用されるとは限らないそうです。というのも、いくら高学歴を持っていてもその人の人柄が企業に合っていない、または志望動機がハッキリとしていないという方は企業に必要な人材とはいえません。

そのため、高学歴ではなくても就職を希望する企業を選んだ動機が明確であり、仕事に対する目標や熱意を持っていれば、一般的な学歴の方でも採用してもらえる可能性があるといえるでしょう。重要なのは「大卒以上」の学歴なので、一流大学をムリに目指す必要はないです。

食品に関する資格を取得しておくと就職に有利になれる

食品メーカー社員になるために必要な資格はありませんが、食品に関する資格を取得しておくと、就職に有利になれるといわれています。というのも、資格を持っているといことは専門的な知識やスキルを身に付けている証になるので、無資格の方に比べて即戦力となる人材として判断されます。

そのため、資格を持っていると希望する企業への採用率アップに繋がるので、就職に有利になれるといえるでしょう。ちなみに、食品メーカー社員におすすめされている資格には、食品や栄養に関する専門的知識を持つ「管理栄養士」、食品の安全を守る「食品衛生責任者」などがあります。

他にも、食品に関する資格ではありませんが、総合職事務系の職種ではデスクワークの業務もあるので、パソコン関連の資格取得もおすすめでしょう。

食品メーカー社員に向いている人、適性がある人

「食」が好き、または興味を持っている

食品メーカーに勤めるのであれば、「食」に対する関心を持っているかという点が重要になります。そのため、食が好きな方や興味を持っている方は、食品メーカー社員に向いているといわれています。

例えば、SNSで話題を集める人気店のメニューを食べに行く、自分で美味しいと思う食を研究するなど食が好き・興味がある方であれば普段から実践している方も多いはずです。このような方は味覚を養うことができる、または優れた味覚を持っている方が多いので、食品メーカー社員に向いているといわれています。

美味しいものを人に伝えたいという熱意を持っている

美味しいものを人に伝えたいという熱意を持っている方も、食品メーカー社員に向いているといわれています。食品メーカー社員の仕事は、栄養面を考えることはもちろんですが、消費者が美味しいと思える食品を届けることです。

そのため、美味しいものを食べるのが好きという気持ちも大切ですが、自分が美味しいを思うものを多くの人に伝えたいという気持ちも大切になります。食に対して関心を持ちつつ美味しいものを広めたいという気持ちを持っている方は、食品メーカー社員を目指してみてはいかがでしょうか?

安全・安心に対する意識が強い人

食品メーカー社員の仕事は美味しい食品を届けるだけではなく、安全な環境で製造して安心して食べることができる食品づくりを行うことが大切です。というのも、最近では食品偽造や異物混入など、さまざまな問題がニュースとして取り上げられることが多く、消費者に対して不安を与えています。

また、そのような事件を起こしてしまうと企業の信用にも関わるため、営業を続けることが難しくなってしまうでしょう。そのため、安全と安心に対する意識が強い方は食品メーカー社員としての適性があるといえるでしょう。

チャレンジ精神を持っている

これまでの食品業界では安定している業界だといわれていましたが、最近では海外進出や新しい分野へと進出しているところが増えつつあります。そのため、チャレンジ精神を持っている方は、食品メーカー社員に向いているといわれています。

また、海外での活動を行っている企業に就職するのであれば、語学力を身に付けている方も向いているといえるでしょう。

食品メーカー社員になるための学校・教室

食品科学や分析科学などの専攻科を設けた大学

食品メーカー社員を目指すのであれば、食品科学や分析科学などの専攻科を設けている大学に通うことをおすすめします。専門的な知識や技術を学ぶことができるので、将来的に「食品メーカー社員になりたい」と考えている学生さんは、ご紹介した学科のある学校へと進学してみてはいかがでしょうか?

また、在学中に食品関連の資格を取得しておくと、上記でもご紹介しましたが就職に有利になれます。食品メーカー社員になるために必須ではありませんが、取得しておけば仕事にも役立てることができるのでおすすめです。

技術系の職種を目指すなら理工系の学科を設けた大学がおすすめ

食品メーカー社員として技術系の職種を目指している方は、理工系の学科を設けた大学への進学がおすすめです。上記でもご紹介したように、技術系の採用試験では理工系の学科を出ている方を積極的に採用している傾向が高いといわれています。

技術系の職種では食品の研究・開発が主な仕事なので、特に生物系や化学系の学科を出ている方は就職に有利になれるといわれています。また、このような学科では専門的な勉強ができるので、採用率に関わらず仕事に役立てることができるといえるでしょう。

食品メーカー社員になるには?まとめ

食品メーカー社員になるには大卒以上の学歴が必要

食品メーカー社員になるには各企業で行われる採用試験を受ける必要があり、多くの企業では大卒以上の学歴が求められます。また、食品メーカーの採用試験を受ける方の多くは高学歴を持つ方が多いようですが、一流大学を出ているからといって採用されるとは限りません。結局のところはその人の適性ややる気などが大きく採用を左右し、またそのことは実際に入社後に仕事をする段階でも非常に大切になってくるでしょう。

そのため、高学歴でなくても明確な志望動機や仕事に対する熱意を持っていれば、採用される可能性はあります。また、食品に関する資格を持っていれば採用率を高めることができるので、食品メーカー社員になりたいという方は取得しておくと良いでしょう。

食品メーカー社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

食品メーカー社員の参考情報

平均年収
必要資格 必要資格なし
資格区分
職種

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

食品メーカー社員の関連記事

関連記事が見つかりませんでした。