整体師になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

整体師になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

整体師は腰や肩など、体に不調がある患者の体のゆがみを治すことで痛みを取り除く施術をします。その施術を行うことを仕事とするためには、何が必要なのでしょうか。整体師になるにはどのような方法があるのか、必要な事柄について紹介します。

整体師になるには何が必要?

整体師は骨盤や背骨のゆがみを正し、人体の自然治癒力を高めることを目的としています。整体師として働くためには、どのような条件が必要なのでしょうか。

資格は必要ない

整体師と同じく手技による施術を行う職業として、「鍼灸師」「柔道整復師」「あん摩マッサージ指圧師」「理学療法士」がありますが、これらは全て国家資格の取得が必要とされており無許可で施術を行うことができません。

整体師は意外にも取得が必須とされる資格が存在していません。整体を施術することには法的な規制がないため、誰でも整体師になることができます。極端な表現をすれば、看板をかかげれば明日にも整体院を開業できるのです。

技術と知識は必須

しかし効果的な整体の施術を行うためには当然ながらそれに見合った技術と知識が必要です。整体を施す人体は非常に複雑な構造をしており、また細かい状態の変化を理解するためには高度な知識を身に着けておく必要があります。

資格が必要ではないからといって、技術や知識が必要でないということではありません。

養成学校やスクールで学べる

整体師になるための技術と知識は整体師養成学校や専門学校、スクールで学ぶことができます。

学校では整体師に必要な勉強がカリキュラムとして組まれており、一定期間通うことで一通りの技術・知識が身につき、認定された民間資格を取得できるように設計されています。

整体師になるためには資格は必要ないとはいえ、権威のある民間資格を取得することは、施術技術の高さを証明してくれることになりますので、何らかの資格を取得することが望ましいでしょう。

就職先は整体院

整体師の学校を卒業すれば、次は就職です。整体師として雇われる先は整骨院、鍼灸院、マッサージ院、整体院となるでしょう。

整骨院、鍼灸院、マッサージ院はそれぞれ国家資格である柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩マッサージ指圧師による施術を行う施設であり、その対応の一環として整体師による施術が行われます。

これらの施設名を名乗るには国家資格が必要とされるため、整体師としての技術・知識だけで開業できるのは整体院のみです。

整体師に向いている人、適性がある人

整体師は患者の症状に合わせて適切な施術を行うことで問題を解決に導きます。適切な施術ができるような整体師になるためにはどんな人が向いており、どんな適性が求められるのでしょうか。

人体の仕組みに興味がある

整体はゆがんだ骨盤や背骨、筋肉を正常な状態に戻す施術を行います。そのためには正常な状態を理解する必要があり、その上でどこがどう歪んでいるのかを感じ取れないといけません。

人体の構造に興味がある人ほどその異変や変化の過程を敏感に感じ取ることができます。よりよい施術を行うためには人体について深い興味を持てることが整体師の適性の一つといえるでしょう。

施術を行うにも体力が必要な仕事ですが、理系に強い人が向いている職業です。

人と触れあえることが好き

痛みや苦しみを抱える患者とのコミュニケーションの中で、整体師はどこに問題があるかを感じ取り、どのように施術を行っていくのかを決めていきます。

患者からどのような辛さがあるのかを引き出し、それを改善していきます。解決に向かうまでの道のりは長く簡単に進むものではありません。しかしその過程を楽しみ、患者と喜びを共有できることができるのならば患者から支持される整体師となれるでしょう。

高い包容力

なかなか症状が改善しない患者から非難されることや、指示を守らない患者の症状が一向に改善に向かわないこと、患者から施術に必要な適切な情報がもらえないなど、患者とのコミュニケーションがうまくいかないことも少なからず発生するでしょう。

そのような場合でも少しずつでも改善に向かうように根気強く施術をし、患者とのコミュニケーションも辛抱強く行えるだけの包容力がある整体師は、長い目で見て多くの患者から愛される整体師になっていけるでしょう。

体を動かすことが苦ではない

患者が苦しむ症状を改善するためにさまざまな施術内容を考え、適切に施していくためにはずっと体を動かし続ける必要があります。日常的に体を使うことが苦にならない程度のスタミナは必須といってよいでしょう。

ただし施術はてこの原理を利用して行うため、バーベルやダンベルを持ち上げるような強い筋力や長時間マラソンで走り続けるような体力は必要ないため、女性でも十分に対応できます。

整体師になるための学校・教室

整体師になるためには技術と知識が不可欠ですが、どのような学校・教室で学ぶことができるのでしょうか。

整体師養成学校

もっとも一般的なのが整体師養成学校です。整体師に必要とされる人体の構造や施術方法の知識や、それを実践できる技術を学ぶためのカリキュラムが組まれています。

カリキュラムは3か月~6か月程度で消化できるのが一般的ですが、独立開業を目標とした専門的な施術や経営知識も学べるコースでは、1年以上かかる場合もあります。また中には基本的な技術を短期集中型で教え込む最短1か月というコースも存在しています。

多くのスクールは整体師の民間資格を主催する団体と提携しており、卒業と同時に資格の取得や受験資格を得ることができます。

整体師の民間資格は数多くあり、中には通信講座を受けるだけで取得できるものもあります。しかし実際に整体師としての実力を証明するためには、取得までの経緯に説得力が持てるようなしっかりとした仕組みの資格を取得するのがよいでしょう。

また同じ養成学校でアロマテラピーやエステなど、整体と関連した資格を取得できる場合もあります。将来整体師としてどのような活躍をしたいか、どのような業界で働きたいかが決まっているのならばそれら関連資格の取得を行うのもオススメです。

柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師の学校

国家資格である柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師には整体と関連する知識や技術も多く、これらの資格を取得した上で整体師として活躍している人もいます。

東洋医学をベースにした考え方を基礎とした施術法には共通点も多いため、これらの資格を取得することは活躍の場を広げることにつながるでしょう。

柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師ともに大学・専門学校において、指定された過程を修了し国家資格に合格する必要があります。大学に通う場合には4年、専門学校では3年の勉強期間が必要になるため、年単位でじっくりと腰を据えて身体に関する勉学に励むことが必要です。

整体師になるには?まとめ

必須の資格は必要ないが、専門的な知識や問題を汲み取る力は必要

整体師になるためには、特別な資格は必要ありません。しかしそれは技術や知識が不要ということではなく、整体師として活躍できるだけの総合的な能力を身につける必要はあります。

整体師の技術を学ぶための専門学校は多く存在し、人体の構造に興味や理解があることはもちろんのこと、何より人との触れ合いを楽しめる人物であることが望まれます。人とコミュニケーションを取り、身体の痛みだけではなく身体を総合的に楽にすることも、整体師に求められている大きな役割のひとつだと言えるでしょう。

悩みを抱えた人々の苦しみや辛さを理解し、長い時間をかけてそれを解消できるように導けることが、整体師に求められている大きな役割なのです。

整体師の参考情報

平均年収200万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種心理・福祉・リハビリ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

整体師の関連記事

心理・福祉・リハビリに関する他の職業KANREN JOB